MENU

自分だけで借りられる

住宅ローンを借りる時は、担保や保証人を必要とします。自分の親や兄弟、後は親戚などにお願いする事も有りますが、なかなかそれをOKと言ってくれない事も少なくありません。

 

そこで便利なのが金融機関が指定する保証会社に依頼するという事になりますが、そもそもこの利用に関しても審査が必要で、時にはOKとならない事も有るのです。またOKとなったとしても、だから、極端な話、保証人を用意できないが為に融資を受けられなくなってしまう可能性も否定できません。

 

しかしカードローンは担保も保証人も必要としません。だから誰かにお願いして断られるという事もないし、何より誰かにカードローンを利用している事自体知られずに済むのです。自分で申込みをして、自分の力だけで完済すれば、お金を借りた事自体、周りの人は全く知りません。

 

金利が有担保の物に比べると高利になってしまう事も有りますが、その分を差し引いたとしても無担保で借り入れができるというのは大きなメリットです。

 

ちなみに金利は各社で違うので、まずは出来るだけ低金利で借り入れができそうな所に依頼する様にしましょう。借入額にもよりますが、金利が数%違うだけで、返済総額が何万円も違う事も少なくありません。

 

特に自身で収入を持たない専業主婦の方が借りる場合には注意が必要で、返済負担をよく知ったうえで専業主婦が借りるカードローンを利用するようにしてください。