MENU

借金が少ないうちに整理を

借金が少額の間に債務整理を行えば、それだけ生活再建がラクになります。少額の借金問題を解決する時に選択されやすい任意整理ですが、こちらの手続きは、他の手続きと比べ、間に裁判所が入りません。裁判所を通さないため、誰かに知られる心配も少ないです。裁判所に出頭する事もなく、債務者の負担が軽い事もメリットです。

 

任意整理の借金減額交渉は、裁判所を使わずに債権者との直接交渉です。ですので、借り入れ先と借り入れ総額が少なければ、それだけ手続きが早く終了する可能性が高いです。手続きが早く終了すれば、それだけ生活再建を早くに行うことができます。

 

債権者との交渉は依頼した弁護士、司法書士の交渉能力にも依存しますので、一概に早く終わるとは言えませんが、個人再生や自己破産と比べると、早期終了する可能性は高いです。

 

早期に手続きが終了すれば、ローンやクレジットカードの契約も早く行う事が可能となります。任意整理では5年、自己破産では最長10年間ローン・クレジットカードの契約が困難になります。

 

債務整理は早期に検討し、任意整理で解決しましょう。後で借金が残りますが、それでも得られるメリットは少なくありません。債務整理を検討中の方の参考になれば幸いです。